循環器外来

近年、日本の高齢化は予想を上回るスピードで進行しています。
しかし、それに伴いいわゆる「寝たきり」の方々が年々増加している事も残念ながら事実です。

「人は血管と共に老いる」と言われます。
「寝たきり」の状態になる疾患の多くが、脳卒中、心筋梗塞などの心血管疾患です。
血管を健やかな状態に保つ事が、健康寿命を延ばし、生き生きとした老後の生活を楽しむためには必須です。

私共、藍野病院循環器内科では丁寧な問診、診察はもちろんですがレントゲン検査、心電図、心エコー、 頸動脈エコー、ホルター心電図、CT検査、MRIなど患者様にとって負担の少ない様々な検査を実施しながら 詳細に病態を把握し、的確な診断、治療へと進めるべく日々努力しております。

更に、急性心筋梗塞、脳卒中、重症心不全など重篤な疾患の患者様に対しては大阪医大を始めとする近隣の 医療機関とも連携を取り、安心して受診、加療いただけるよう対応しております。

健診で血圧やコレストロール、血糖、尿酸の異常を指摘された方々、又動悸、胸痛などの症状のある方など少しでも お身体に不安のある方々には是非お気軽に受診していただけたらと願っております。

内科医長 金善江