臨床工学課

臨床工学課(ME)の紹介

現在、MEは少数です。それでもいついかなる時も医療スタッフが、困ることがないように、医療機器の管理を中心に業務を遂行しています。どんな疑問でも困ったことでも気さくに相談できるようぼけとつっこみを欠かさず、チーム医療の一端を担っています。
何よりコミュニケーションは最適な医療に繋がります。
また、医療機器の一例として、人工呼吸器をあげます。稼働台数は、最大で12台まで稼働しています。人工呼吸器は日夜問わず、稼働していますので、不意に問題が生じることや緊急で新規に使用する場合があります。その時に、MEへ連絡することで、解決への糸口もしくは現場が落ち着けることをモットーにしています。