リハビリテーション科

 

診療日         月・水・金曜日 火曜日
診療時間

13:00~16:00

第4水曜日は休診

9:00~12:00
完全予約制となります。予約窓口 医事課 072-365-3821(代表)

治療方針

患者様のより良い生き方をサポートするために、QOL(生活の質)
の向上を主体に、リハビリテーションを行います。

 

リハビリテーション室

リハビリテーション科の紹介
1.スタッフ(平成28年6月現在)
  理学療法士 9人
  作業療法士 11人
    身体障害部門 5人
    精神障害部門 6人
  言語聴覚士 4人
  リハビリ助手 1人
2.診療体制
  施設基準
   脳血管疾患等リハビリテーション科(I)
   廃用症候群リハビリテーション料(I)
   運動器リハビリテーション科(I)
   呼吸器リハビリテーション科(I)
   集団コミュニケーション療法料

理学療法とは

病気やけが、老化などにより、日常生活に支障をきたした方々に対して、寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復を図るといった、身体的なリハビリテーションを行います。

こんな方の練習を行っています

脳血管障害などの中枢神経疾患

腕・脚の骨折、変形などの整形外科疾患

認知症、高次脳機能障害(注意障害、失行、失認など)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患

こんな練習を行います

運動療法        ― 手足の関節の動きを良くしたり、筋力を強化させたりします。

物理療法        ― 温熱、電気などの刺激を用いて、痛みの軽減などの治療を行います。

基本動作練習      > 起き上がりや歩行等、実際の生活に沿った練習を行います。
日常生活活動練習    

ポジショニング     ― 褥瘡(床ずれ)予防や痰を出しやすくするために、クッションなどを用いて安楽な姿勢で休
                むことが出来るように調整します。

 

関節可動域練習 持久力練習 階段練習
関節可動域練習 持久力練習 階段練習

 

歩行練習 歩行練習 歩行練習
歩行練習 歩行練習 歩行練習

作業療法とは

身体面・精神面に障害のある患者様に対して、様々な作業活動を通じて主に応用動作(食事・トイレ・更衣・入浴等の日常生活活動や家事動作等の生活関連活動)の獲得や、それらの行為が円滑に行えるようにアプローチしていきます。また、QOL(生活の質)の向上を目的に行います。

こんな練習を行います

日常生活における排泄や入浴、食事や更衣などに必要な動作を出来るだけ1人で行える為に、作業療法室や病棟にて生活動作練習を行います。
また、高齢者・認知症の入院患者様に対して、気分転換や心理的な援助を目的に、手工芸や作業活動なども実施しています。

 
食事動作練習 サンディング
食事動作練習 サンディング

 

リーチ動作練習 整容動作練習 入浴動作練習 トイレ動作練習
リーチ動作練習 整容動作練習 入浴動作練習 トイレ動作練習

 

言語聴覚療法とは

脳血管障害など様々な原因により、「言いたいことが伝わらない」、「相手の話していることが分からない」、「食事やお茶でむせる、飲み込みにくい」などの症状に対し、これらの改善や工夫による生活の向上を目指します。

こんな方の練習を行っています

失語症      ― 言語中枢の損傷により、聞く・話す・読む・書くことが難しくなります。

構音障害    ― 話す為の器官の麻痺の為、ろれつの回らない話し方になります。

嚥下障害    ― 食べる為の器官の麻痺の為、飲み込みが難しくなります。 

こんな練習を行います

失語症      ― 聞く・話す・読む・書く等の言語刺激を通じて、言葉を思い出したり、理解できるように促したり、
            周囲の方々とのコミュニケーションを取りやすくします。 

構音障害    ― 顔や口唇、舌がよく動くように、口の体操や構音の練習を行います。  

嚥下障害    ― 食事時の体位や、より食べやすい食事形態を検討し、飲んだり食べたりする練習を行います。

嚥下造影検査  ― 食べる様子をX線で撮影し、気管に食べ物が入ってないか、安全に飲み込めているかを調べま
            す。

 
言語練習 嚥下練習
言語練習 嚥下練習

 

嚥下造影検査(VF検査)
嚥下造影検査(VF検査)

精神科作業療法とは

日々の生活に関する活動に支障がある人に対して、活動の改善・新たな活動の獲得を図り、その人らしい生活が送れるように援助していくことです。

精神科作業療法

精神科作業療法室作業療法士2名、病棟作業療法士4名の計6名にて行っております。

利用の仕方

自分に自信をつけたい

楽しみの時間を持ちたい・見つけたい

生活リズムをつけたい

対人関係をスムーズにしたい

生活に必要な技能をつけたい

身体を動かしたい・体力をつけたい


というような目的を持った当院での通院・入院治療をされている方が対象となっています。

随時、見学の受付をしております。

精神科作業療法プログラム  (平成26年12月現在)

 
午前 個別作業 個別作業 個別作業
園芸グループ
個別作業 個別作業

ダンス
午後 スポーツ (バレーボール) 集団活動 グループ活動

個別作業
グループ活動

個別作業
料理教室

個別作業

※ 個別作業では、個人に合わせて作業を行っています。
革細工・編み物・ビーズ細工・タイルモザイク・裁縫・紙細工等

 

個別作業療法 個別作業療法
個別作業療法 個別作業療法
料理教室 園芸
料理教室 園芸