栄養課

栄養課では、入院中の患者様、お一人お一人に合わせた食事を提供し、
栄養管理を実施することが主な業務となっています。

食事について

常食

  • 患者様の病状に合わせ、医師の診断のもと食事内容の指示が出されます。
  • 食事時間は、朝食7時30分・昼食12時・夕食18時になっています。
  • 適切な温度管理のもと、衛生面にも十分配慮した食事を提供しています。
  • 食事の種類は、大きく分類すると、常食・軟菜食・治療食の3種類に分かれます。
    治療食は、糖尿病食・肝臓病食・高血圧食・腎臓病食・心臓病食・膵臓病食・脂質異常症食・胃潰瘍食・痛風食・肥満食・濃厚流動食などです。

栄養管理について

栄養管理計画書を作成し、患者様の症状や状態にあった適切な食事の提供が行われているか、定期的な評価を繰り返し実施しています。

栄養指導について

医師の指示に従い、栄養指導を実施しています。
入院患者様・外来患者様を対象とした予約制にて行っています。