認知症総合支援事業

認知症総合支援事業と新オレンジプランアイコン

認知症高齢者等にやさしい地域づくりを推進していくため、認知症の人が住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けるために必要としていることに的確に応えていくことを旨としつつ、以下の7つの柱に沿って、施策を総合的に推進していきます。

  1. 認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
  2. 認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
  3. 若年性認知症施策の強化
  4. 認知症の人の介護者への支援
  5. 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
  6. 認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進
  7. 認知症の人やその家族の視点の重視

この中で、2の、「認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供」として、 認知症の人が出来る限り住みなれた地域で暮らすために市町村で医療機関・介護サービス事業所・地域の支援機関等を繋ぐコーディネーターの役割を果たすのが認知症地域支援推進員です。

厚生労働省 新オレンジプランについての詳細はコチラ

おじいさんとおばあさん

認知症 その人らしさをみんなでサポート

茨木市公式ホームページ

医療法人恒昭会 藍野病院ホームページ