整形外科

肩関節鏡視下手術

肩関節は人体の関節の中で最もよく動く関節です。関節周囲の腱や靭帯が関節を安定させる重要な働きを担っています。 そのためこれら腱、靭帯が損傷されて生じる病気もたくさんあります。関節周囲の腱が切れて痛むもの(腱板断裂)や、 関節の脱臼がくせになるもの(反復性脱臼)がその代表的なものです。当院ではこれらの障害の治療に、 小さな切開で治療が可能な関節鏡視下手術を積極的に導入しています。鏡視下手術は直径4.5mmの関節鏡を用いて テレビモニターを見ながら行います。通常の手術のような皮膚切開を必要としないため、術後の痛みが少なく リハビリもスムーズに進み早期退院・社会復帰が可能です。

当院では肩関節手術専用座位手術台に加えて、大阪府下に数台しかない上肢固定装置も導入しているため、手術時間も短くて済み、 翌日よりスムーズにリハビリテーションを行えるため、術後成績も良好です。


肩関節鏡視下手術用手術台と
上肢固定装置